コンテンツにスキップする

中国人民銀が貿易摩擦のリスク警告、的を絞った刺激策継続へ-報告

中国人民銀行(中央銀行)は貿易摩擦が世界経済の安定を揺るがす可能性があると警告し、的を絞った景気刺激策を継続する方針を示した。

  人民銀は17日遅くに公表した四半期金融政策実施報告書で、「貿易摩擦と世界的な政策の不透明感」はインフレを押し上げ、家計や企業の信頼感を損ない、金融市場の混乱を引き起こすことによって「世界経済にマイナスの影響をもたらす可能性がある」と述べた。

インサイト

  • 一部の従来型セクターは調整の過程にあり、製造業と民間投資の伸びはいずれも鈍化、経済成長は不動産・インフラ投資に大きく依存していると指摘。「中国経済には根深い問題がある」との認識を示した
  • 人民銀は、預金準備率の引き下げや中期貸出制度(MLF)の拡大など、的を絞った金融措置を「有効活用」し、特定のセクターへの信用供与を促す
  • 緩和と引き締めのバランスを保っていくと述べた

詳細

  • 今回の報告書では、人民銀は「構造的なレバレッジ解消」を進めるという、前回報告で削除されていた文言が再び登場。債務関連リスクの削減にあらためて重点を置くことを示唆した

原題:China’s Central Bank Warns on Trade, Pledges Targeted Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE