コンテンツにスキップする

テスラのマスクCEO、「徹底的な」コスト管理へ-株価急落

17日の米株式市場で電気自動車(EV)メーカー、テスラの株が下落。一時2年ぶり安値に売り込まれた。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が新最高財務責任者(CFO)とともに「徹底的な」コスト管理を念頭に、全経費を直ちに精査していくと従業員に通知したことが売り材料となった。

  マスク氏は従業員に電子メールを送り、「社内の全経費はどれだけ少額であっても」点検が極めて重要だと述べた。同氏は1-3月(第1四半期)に約7億ドル(約770億円)の損失があったことを強調し、帳簿上に20億ドル超の現金があっても「第1四半期の資金回転率のペースではわずか10カ月で損益分岐点に達する」と述べた。

  テスラの株価は一時4.9%安を記録。これで月初からの下げは14%となった。

Tesla shares are having their worst year on record, down 34% so far in 2019

原題:Tesla Touches Two-Year Low as Musk Vows ‘Hardcore’ Cost Focus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE