コンテンツにスキップする

ホワイトハウス、FRB理事候補にカン運輸次官を検討-関係者

ホワイトハウスは連邦準備制度理事会(FRB)理事候補に、デレク・カン運輸次官を指名することを検討している。事情を知る関係者2人が明らかにした。FRB理事ポストには現在、空席が2つある。

  カン氏は2017年からチャオ運輸長官のシニアアドバイザーを務めている。かつて全米旅客鉄道公社(アムトラック) 取締役会の一員だったカン氏は、配車サービスの米リフトでゼネラルマネジャーを務めた経歴もある。運輸省ウェブサイトに掲載されたプロフィルによると、同氏はロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで経営学修士(MBA)号を取得している。

  ホワイトハウスはコメントを控えた。

原題:White House Considering Derek Kan for Federal Reserve Board Seat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE