コンテンツにスキップする

英トーマス・クック株、「紙切れも同然」-シティのアナリスト

英旅行会社、トーマス・クック・グループの目標株価をシティグループのアナリストは28ペンスからゼロ・ペンスに引き下げ、株式は紙切れ同然だとの評価を下した。

  シティによると、トーマス・クックが示した利益見通しは予想より悪く、ツアー催行事業と航空事業の価値約7億3800万ポンド(約1000億円)を上回る債務を抱えている。ジェームズ・エインリー氏らシティのアナリストはリポートで、「株式の価値はゼロということになる」と指摘、投資判断を「売り」に引き下げた。

  17日のロンドン株式市場でトーマス・クックは一時、前日比45%安。前日には決算発表を受けて約15%下げていた。同社はこれまで、今年も厳しい夏になると警告していた。生命線である銀行融資の確保は、航空事業売却の実現次第だという。トーマス・クックの株価はこの12カ月間で90%余り下げている。

Thomas Cook shares have lost 90% of their value in 12 months

  トーマス・クックの広報担当は、このアナリスト見解に関するコメントはないと述べた。

原題:Thomas Cook Shares Are Worth Nothing, Citigroup Analysts Say (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE