コンテンツにスキップする

トランプ氏、日欧自動車関税発動を180日延期-USTRに交渉指示

更新日時
  • 自動車輸入が国家安全保障の脅威との商務省結論に同意-トランプ氏
  • 脅威に対処するため相手国と合意に向け交渉するようUSTRに指示

トランプ米大統領は17日、日本や欧州連合(EU)などの国・地域から輸入する自動車・同部品に対する関税発動を180日延期し、その期間内にこれらの貿易相手との交渉を目指すよう通商代表部(USTR)に指示した。主要同盟国の一部と関税賦課の応酬を繰り広げているトランプ政権は、新たな戦線の口火を切ることをひとまず回避した。

  米商務省は自動車輸入が国家安全保障への脅威となっているかを調査し、2月にトランプ氏に報告書を提出していた。トランプ氏は関税措置を講じるか、行動を延期するかなどの対応を5月18日までに決断する必要があった。

  ホワイトハウスが公表した声明によると、トランプ氏は自動車と一部の自動車部品の輸入が米国の安全保障に害を及ぼしているという商務省の結論に同意すると表明した。

  しかし、ブルームバーグが先に閲覧した草案には、EUや日本からの自動車および同部品の対米輸出を「制限ないし規制する合意」を目指すといった、米国が数量枠を設ける可能性を示唆するような文言があったが、公式声明では表現が和らげられた。

  この日の声明では「国家安全保障上の恐れに対処するため」合意に向けた交渉を目指すようライトハイザーUSTR代表に指示したとし、厳しい言い回しは抑えられた。「輸入を減らすことで国内の競争環境を改善しなければならない」との認識は盛り込まれた。

  トランプ氏は交渉で相手に圧力をかける手段として、輸入車に最大25%の関税をかける意向を示唆してきた。

原題:Trump Delays EU, Japan Auto Tariffs for 180 Days for Talks (1)(抜粋)
Trump Delays Auto Tariffs on EU, Japan for 180 Days to Negotiate(抜粋)

(第4、5段落に詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE