コンテンツにスキップする

ロシア、1Q経済成長率は予想大きく下回る-景気拡大が失速

  • 1Q成長率は前年同期比0.5%、市場予想の最低にも届かず
  • ロシア中銀は6月利下げの理由が増えた-オルロワ氏

ロシアの1-3月(第1四半期)経済成長率は市場予想を大きく下回った。昨年に予想外の堅調ぶりを示した景気は、今年に入り拡大ペースが失速した。

  ロシア連邦統計局が17日発表した1-3月国内総生産(GDP)速報値は、前年同期比0.5%増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想では、14人の中央値が1.2%増。GDPの数値は最低のエコノミスト予想にも届かなかった。

  1月1日に実施された付加価値税(VAT)引き上げが成長へのブレーキとなった。ロンドンを拠点とするエマージノミクスのエコノミスト、タチヤナ・オルロワ氏は1-3月GDPについて「期待外れの内容だ。VAT増税で内需の不振は予想されていたが、それだけでなく投資も低調だった」と指摘。「ロシア中銀は6月に政策金利を引き下げる理由が増えた」と続けた。

Tax-Inflicted Pain

Russia's economic growth eased over the value-added tax increase this year

Source: Federal Statistics Service

原題:Russia GDP Comes in Below Forecasts as Growth Spurt Stalls (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE