コンテンツにスキップする

サルビーニ副首相、イタリアのトランプ大統領と自称

  • イタリアは減税策でトランプ大統領を見習うべきだ
  • 制限や抑制を取り払い、トランプ氏のような勇気を持つべきだ

イタリアのポピュリスト連立政権パートナー、「同盟」の書記長を務めるサルビーニ副首相は、同国の問題を解決する新たな対策があり、それを「トランプ療法」と呼んでいる。

  同国のポピュリスト政権が発足してから約1年が経ち、その大半を副首相として手腕を発揮してきたサルビーニ氏は16日、イタリアのトランプ大統領と自称した。

  サルビーニ氏が過激に欧州連合(EU)を攻撃する一方で、連立政権パートナーで反エスタブリッシュメント(既存勢力)政党「五つ星運動」党首を務めるディマイオ副首相はもはや型破りではなくより穏健に見える。

  サルビーニ氏が今週、EUの財政規律に違反することも辞さない構えを見せると、ディマイオ氏は債務抑制を政府は望んでいると反論した。

  これに対してサルビーニ氏はトランプ大統領の称賛という形で応戦した。イタリアは減税策で米大統領を見習うべきであり、「制限や抑制、疑いなどに気を取られず」トランプ氏のような勇気を持つべきだと、サルビーニ氏は欧州議会選挙の遊説で訪れた南部ポテンツァで記者団に語った。ANSA通信が伝えた。  

原題:Salvini Tells Italians He Can Be Their Very Own Donald Trump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE