コンテンツにスキップする

中国でスタバに挑む瑞幸咖啡、米IPOで615億円調達

  • 今年の米IPOでトップ10入り-ナスダック上場へ
  • スタバ追撃で毎年多額の資金を店舗開設に投じる
A customer exits a Luckin Coffee outlet in Beijing, China.

A customer exits a Luckin Coffee outlet in Beijing, China.

Photographer: Gilles Sabrie/Bloomberg
A customer exits a Luckin Coffee outlet in Beijing, China.
Photographer: Gilles Sabrie/Bloomberg

コーヒー文化が広がりつつある中国で米スターバックスに挑んでいる瑞幸咖啡(ラッキン・コーヒー)は、米国での新規株式公開(IPO)で5億6100万ドル(約615億円)を調達した。

  アモイに本社を置く瑞幸咖啡は16日、3300万の米国預託証券(ADR)のIPO価格を1ADR当たり17ドルに設定。ブルームバーグのデータによると、仮条件レンジは15-17ドルだった。

  当局への届出書に記載されている上場後の発行済み株数に基づくと、時価総額は39億ドル余り。米国で今年これまでに実施されたIPOで10位以内に入る。事情に詳しい複数の関係者が2月に語ったところでは、調達額は3億ドル程度になると見込まれていた。

  届出書によると、同社はIPOと並行して私募形式でルイ・ドレフュスから5000万ドルを調達した。

  瑞幸咖啡は中国のコーヒー市場でスターバックスからトップの座を奪おうと、店舗開設に毎年多額の資金を投じている。2017年6月の創業以来、シンガポール政府投資公社(GIC)や中国国際金融などから支援を得ながら店舗網を急速に拡大。現在は28都市、2370カ所に店舗を持つ。

  「LK」の銘柄コードでナスダック・グローバル・セレクト・マーケットで取引される予定。

原題:China Starbucks Rival Luckin Raises $561 Million in U.S. IPO (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE