コンテンツにスキップする

ヘッジファンドのケンブリッジ閉鎖へ-ハーバード大の資金を運用

  • ハーバード大の寄付基金を運用していたバローゾ氏が17年に設立
  • ハーバード大は2億ドル前後を投資していた

ハーバード大学のために資金を運用してきたヘッジファンド、ケンブリッジ・スクエア・キャピタルが、設立から2年で閉鎖されることになった。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、同社は2018年12月時点で約13億ドル(約1430億円)を運用していた。この額には借入金が含まれている。ハーバード大は約2億ドルを投資していた。

  ケンブリッジはハーバード大の寄付基金であるハーバード・マネジメントのポートフォリオマネージャーだったマルコ・バローゾ氏が17年に設立。同氏は最高投資責任者(CIO)を務め、同じく同大寄付基金で債券ポートフォリオマネジャーだったアプーバ・コティチャ氏を最高経営責任者(CEO)に起用していた。

  関係者によると、ケンブリッジ・スクエアの運用成績は手数料前ベースで、初年の17年がマイナス約2.5%となったものの、昨年はプラス約2%だった。

  閉鎖の計画については、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じた。

原題:Harvard-Linked Cambridge Square Hedge Fund Set to Shut Down (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE