コンテンツにスキップする
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

テスラ車の3月の死亡事故、「オートパイロット」が作動中

  • 「モデル3」の衝突事故巡り米運輸安全委が予備報告書を公表
  • 衝突時はオートパイロット作動中でドライバーは運転していなかった
The Tesla Inc. Model 3
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

テスラの「モデル3」が絡んだ3月のフロリダ州での死亡事故で、車両衝突時に自動運転支援機能「オートパイロット」が作動中で、ドライバーはハンドルを握っていなかったことが、米運輸安全委員会(NTSB)が16日公表した予備報告書で明らかになった。

  同報告書によれば、このドライバーはデルレイビーチの高速道路を横断していたセミトレーラーの側面に車両が衝突した際に死亡。衝突前の8秒間、明らかに運転していなかったもようという。

  NTSBは「テスラ車が衝突時に時速68マイルで走行していたことが予備データで示されている。このデータと画像のいずれからも、ドライバーか先進運転支援システム(ADAS)が回避行動を取ったことが見て取れない」と指摘した。

  テスラは電子メールで送付した発表資料で、同車両のデータログ調査後に、NTSBと米運輸省道路交通安全局(NHTSA)に通知したことを明らかにした。NTSBが調査対象とするテスラ車の事故で最も新しい今回のケースは、2016年の「モデルS」の事故と類似している。

原題:Fatal Tesla Crash in March Is Latest to Involve Autopilot (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE