コンテンツにスキップする

中国の百度、米国上場以来初の四半期赤字-コスト高と売り上げ減速で

  • 時間外取引で一時10%余り下落-通常取引は0.8%高で終了
  • 取締役会は新たに10億ドル規模の自社株買いプログラムを承認
Baidu Inc. logo

Baidu Inc. logo

Photographer: Bloomberg/Bloomberg
Baidu Inc. logo
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

中国インターネット検索最大手、百度(バイドゥ)の1-3月(第1四半期)決算は赤字となった。四半期ベースの赤字計上は2005年の米国上場以来初めて。コストの高騰と、景気減速を背景とした売り上げ拡大ペースの低下が響いた。

  百度の米国預託証券(ADR)は16日、時間外取引で一時10%余り下落。通常取引は0.8%高の153.70ドルで終了していた。同社取締役会は新たに10億ドル(約1100億円)規模の自社株買いプログラムを承認した。

  1-3月の純損失は3億2700万元(約52億1800万円)。市場予想平均は1億8750万元の赤字だった。コンテンツおよびマーケティング費用の高騰が響き、赤字転落となった。売上高は15%増の241億元。百度は広告収入の成長維持に向け、若いスマホユーザーを同社アプリに引き付けることが急務となっている。

原題:Baidu Posts First Loss Since 2005; Search Executive Resigns (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE