コンテンツにスキップする

中国、米国産豚肉の購入中止-貿易対立激化で大豆購入量も少なく

  • 豚肉3247トンの購入を先週取りやめ-昨年4月以来の大きさ
  • 対立激化で中国が米国産品の輸入減らすとの見方を裏付け
A pork vendor uses her mobile phone at a market stall in Beijing on May 6.
A pork vendor uses her mobile phone at a market stall in Beijing on May 6. Photographer: Gilles Sabrie/Bloomberg
A pork vendor uses her mobile phone at a market stall in Beijing on May 6.
Photographer: Gilles Sabrie/Bloomberg

中国は先週、米国産豚肉3247トンの購入を取りやめ、大豆と綿花、コーリャン(ソルガム)の買い入れも限定的な量にとどまった。米農務省のデータが示した。

  16日発表の最新データは、通商対立の激化で中国が米国産品の購入を減らすとの見方を裏付けた。

  中国による豚肉購入中止規模としては、トランプ政権が中国からの一部輸入品への追加関税計画を最初に発表したタイミングに近い昨年4月5日終了週以来の大きさ。

  米国の先週の大豆販売はネットベースで計67万4300トン。そのうち中国の購入分は5100トンにとどまった。

Pork & Beans

U.S. export sales to China disappointed in week ending May 9

Note: In metric tons. Average excludes government shutdown period Source: USDA

原題:China Cancels U.S. Pork, Buys Few Soybeans as Trade War Simmers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE