コンテンツにスキップする

アプライド、5-7月期の好調な売上高を予想-需要回復見込む

  • 売上高を約35億2500万ドルと予測-市場予想は35億3000万ドル
  • 1株当たりの調整後利益は67ー75セントへ、市場予想は70セント

半導体製造装置メーカーで最大手、米アプライド・マテリアルズが示した5-7月(第3四半期)の見通しは、堅調な数字となった。半導体業界全般の需要鈍化が早期に終了するとの半導体メーカーの見方を示唆した。

  同社の業績と見通しは、大手半導体メーカーの一部の計画を知る機会となる。サムスン電子と インテル 、台湾積体電路製造(TSMC)は新しい工場や生産ラインを建設する前に、 アプライド・マテリアルズから製造装置を購入する必要がある企業の一角。

主なポイント

  • アプライド・マテリアルズは16日の発表文で5-7月期の売上高を約35億2500万ドル(約3900億円)と予測した。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は35億3000万ドル
  • 1株当たりの調整後利益は67ー75セントを見込む。アナリスト予想は70セント
  • ゲーリー・ディッカーソン最高経営責任者(CEO)は発表文で「 アプライド・マテリアルズは、ガイダンスのレンジの上限に近い業績を達成した。厳しい経営環境が続く中での全社的に堅実な執行を反映している」と指摘。「将来を展望すると、半導体とディスプレーに強くて新しい需要のけん引力が形成されると見込まれ、われわれは市場に対する前向きな見通しを維持する」
  • 2ー4月(第2四半期)の純利益は6億6600万ドル(1株当たり70セント)。前年同期は11億ドル(同1.06セント)だった
  • 2-4月期の売上高は23%減少し35億4000万ドル。アナリスト予想平均は34億9000万ドル

株価の反応

  • 決算発表を受けてアプライド・マテリアルズ株式は時間外取引で一時4%余り上昇。通常取引終値は41.66ドル

詳細

  • 詳細はこちら
  • 発表資料はこちら


原題:Applied Materials Projects Strong Sales on Renewed Demand(抜粋)


    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE