コンテンツにスキップする

ソニーとマイクロソフトが提携、AIやクラウド分野で

コンソール型ゲーム市場で激しい競争を繰り広げているマイクロソフトソニーは16日、クラウドコンピューティングと人工知能(AI)の分野で提携を模索していることを明らかにした。それぞれの動画・コンテンツのストリーミングサービス向けに、マイクロソフトのクラウドソフトウエア「Azure(アジュール)」を使用することも含まれる。

  両社の発表によると、提携ではコンテンツクリエーターのためのプラットフォーム改善など、エンターテインメント分野での向上を目指す。半導体分野でも協力する可能性があり、特にソニーのイメージセンサー技術と、アジュールのAIツールを融合させる新たなイメージセンサーで協働することもあり得る。

  両社はこれまでも一部の分野で協業してきたが、ソニーのプレイステーションとマイクロソフトのXboxは特に熱烈なゲーマー向けで激しく競ってきた。同時に両社は、アルファベット傘下のグーグルやアップル、アマゾン・ドット・コムと競合する立場にあり、ソニーはクラウドの力をサービスに生かしたい考えだ。両社は追加情報を将来公表することも明らかにした。

原題:Microsoft, Sony Strike Pact for Gaming, Cloud Services(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE