コンテンツにスキップする

米新卒の年間給与、最も高いのはデータサイエンティストで1040万円

  • データサイエンティストの給与、投資銀行アナリストを上回る
  • トップ25はほとんどがテクノロジー関連、理学療法士除き
US-EDUCATION-COLUMBIA-COMMENCEMENT
Photographer: TIMOTHY A. CLARY/AFP
US-EDUCATION-COLUMBIA-COMMENCEMENT
Photographer: TIMOTHY A. CLARY/AFP

米国の2019年の大卒者が活況の就職市場に入る準備を進める中、優位に立っているのがデータサイエンスのスキルを持つ卒業生だ。

  グラスドアの調査によると、新卒者などが対象の「エントリーレベル」の職種で昨年に給与が最も高かったのはデータサイエンティストで、年間基本給の中央値は9万5000ドル(約1040万円)。これはウォール街の投資銀行アナリスト(8万5000ドル)よりも高い。

Highest Paying Jobs for New Grads

Source: Glassdoor

  大手ファッション会社からヘッジファンドベンチャーキャピタル企業に至るまで企業は収集した情報をどのように役立てるか考え出すことに集中するチームを作っている。

  「あらゆる業界でデータサイエンスのスキルを持った人の需要が極めて高い」とグラスドアのシニアリサーチアナリスト、アマンダ・スタンセル氏が指摘した。

  テクノロジー関連の仕事がグラスドアのエントリーレベル職の給与トップ25をほぼ独占した。ソフトウエアエンジニアが2位で、基本給の中央値は9万ドル。トップ25はほとんどがテクノロジー関連となるで異彩を放った職種は理学療法士で、基本給の中央値は6万4000ドル弱だった。

原題:Big-Data Skills Earn High Pay For Today’s College Graduates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE