コンテンツにスキップする

ECBクーレ氏:マイナス金利に伴う銀行のコスト「取るに足りない」

  • マイナス金利は欧州の銀行収益力の弱さを招いた主犯でないと同氏
  • マイナス金利に伴う銀行の年間コストは80億ユーロ程度だとクーレ氏

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は、マイナス金利は欧州の銀行収益力の弱さを招いた主犯ではないと述べ、副作用を緩和する対応をECBが急いでいないことを示唆した。

  今年10月末で退任するドラギ総裁の後任候補の1人であるクーレ理事は15日のフランス議会の公聴会で、マイナス金利に伴うユーロ圏の銀行のコスト負担は年間80億ユーロ(約9820億円)程度であり、今の状況では「実に取るに足りない」との見解を示した。

  クーレ氏は「銀行の収益性低下が金融政策の伝達、すなわち銀行が貸し付けを行い、景気を刺激する能力にとって障害になる場合は、その時点でわれわれにとって問題になり得る。現時点ではそのような状況とは考えていない」と発言した。

原題:ECB’s Coeure Says Negative Rates Are ‘Peanuts’ Among Bank Woes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE