コンテンツにスキップする

トランプ大統領、6月に訪韓-米朝協議行き詰まる中

  • トランプ氏、G20首脳会議出席のための来日に合わせて訪韓へ
  • 米韓首脳、5月の北朝鮮のミサイル発射を重大視せず
President Trump Hosts South Korean President Moon Jae-In At The White House
Photographer: Jim Lo Scalzo/EPA
President Trump Hosts South Korean President Moon Jae-In At The White House
Photographer: Jim Lo Scalzo/EPA

トランプ米大統領は6月下旬に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に出席のため来日する際、韓国も訪問する。ホワイトハウスが15日に発表した。北朝鮮との核協議が頓挫するとの懸念が広がる中での訪韓となる。

  ホワイトハウスのサンダース報道官によると、トランプ大統領は核協議や米韓同盟強化策を話し合うため韓国の文在寅大統領と会談する。トランプ大統領はG20首脳会議に際して中国の習近平国家主席およびロシアのプーチン大統領とも会談する見通しだと述べていた。

President Trump Meets With South Korean President Moon Jae-In At White House

2017年6月30日にホワイトハウスで会談した米韓首脳

撮影:Olivier Douliery /プール経由Bloomberg

  北朝鮮は今月、ミサイル試射を2回実施。トランプ政権が推進した国連決議に違反した可能性が高い。トランプ大統領は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が核開発プログラムの廃棄に前向きな姿勢を示さずに国際制裁の緩和を求めたとして、2月に米朝首脳会談を突然打ち切っており、今回のミサイル発射は挑発行為と受け止められている。

  ただ、米韓首脳は金委員長との会談を主要な外交成果と位置付けており、今月のミサイル発射を重大視してはいない。トランプ大統領は「小型のミサイルだった」とし、「違反」とは受け止めていないと語っている。このため、北朝鮮との協議を再開させる扉は依然として開かれている。

原題:Trump to Visit South Korea in June as North Korea Talks Stall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE