コンテンツにスキップする

トランプ氏、ドイツ銀との取引記録開示の差し止めを地裁に再度要請

  • 召喚状の合法性について最終判断するまで仮差し止め求める
  • 下院の2委員会はトランプ氏らの銀行取引記録を請求

トランプ米大統領は15日、自身や子供3人、一族事業との取引記録の開示を求める米議会の召喚状にドイツ銀行キャピタル・ワン・ファイナンシャルが応じるのを差し止めるよう裁判所に再度求めた。

  トランプ氏側は先月、両行が召喚状に従うことを阻止するためニューヨーク州マンハッタンの連邦地裁に提訴した。召喚状は民主党が過半数を占める下院の2委員会が送付した。来年の大統領再選を目指すトランプ氏は、自身に不利となり得る下院調査を阻止または先送りすることを狙っている。

  連邦地裁に15日提出した資料でトランプ氏側は、召喚状の送付は不適切な政治的思惑が動機だと主張。召喚状の合法性について最終判断を下す状況になるまで差し止めるようエドガルド・ラモス判事にあらためて求めた。裁判所への資料提出はトランプ氏側に召喚状の閲覧が認められてからでは初めて。

  トランプ氏側はこうした要請が認められれば「大統領の私生活に関する絶え間ない調査」が「ニューノーマル」になると指摘。また、正当な理由もなく議会が召喚状で財務記録の提出を求める前例になると強調した。

  ラモス判事は22日に審問を予定しており、トランプ氏側の仮差し止め請求について双方の主張を聞くことになる。ドイツ銀とキャピタル・ワンはほとんど傍観する姿勢を示しており、判事の命令には従う構え。

原題:Trumps Seek to Block Subpoena for Deutsche Bank Records (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE