コンテンツにスキップする

アリババ、売上高・利益ともに予想上回る-景気減速を克服

The loading page for Alibaba Group Holding Ltd.'s Taobao application.

The loading page for Alibaba Group Holding Ltd.'s Taobao application.

Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg
The loading page for Alibaba Group Holding Ltd.'s Taobao application.
Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg

中国最大の電子商取引運営会社、アリババ・グループ・ホールディングの第4四半期(1-3月)決算は、売上高と利益がいずれもアナリスト予想を上回った。消費者の好みに合った商品提案が奏功し、景気減速を乗り切った。

  売上高は935億元(約1兆4900億円)に増え、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均を約1.8%上回った。調整後の1株当たり利益は8.57元で、市場予想の6.5元を超えた。同社は今年度通期(2020年3月終了)の売上高を5000億元以上と予想。少なくとも33%の増収を見込んでいる。

  アリババはクラウドコンピューティングといった事業への参入を強化しており、電子商取引の顧客理解を深め、消費嗜好(しこう)に基づいた商品提案で収益を上げている。こうした動きは従来型の検索よりも販売拡大につながっており、アリババは同社の消費者向け電子市場「淘宝(タオバオ)」で販売業者に的を絞った広告を売り込みやすくなっている。こうした現状は米中の貿易摩擦がエスカレートする中で、アリババの増収を支えている。

  アリババの19年3月通期の売上高は51%増の3768億元で、予想レンジの3750億ー3830億元の下限に近かった。

  中核のコマース事業の売上高は789億元で、54%増加した。

原題:Alibaba Defies China Slowdown; Sales, Earnings Top Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE