コンテンツにスキップする

テンセントは予想上回る増益、増収率は上場来最低

  • 純利益は前年同期比17%増、一時要因で111億元の利益押し上げ
  • 増収率は16%、上場した2004年以来で最も小幅な伸び
A sticker featuring the logo of Tencent Holdings Ltd. 

A sticker featuring the logo of Tencent Holdings Ltd. 

Photographer: Justin Chin/Bloomberg
A sticker featuring the logo of Tencent Holdings Ltd. 
Photographer: Justin Chin/Bloomberg

中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)が15日発表した1-3月(第1四半期)決算は、純利益が市場予想を上回った。

  純利益は前年同期比17%増の272億1000万元(約4320億円)。アナリストの予想平均は194億元だった。利益は一時要因で111億元押し上げられた。売上高は16%増と、前年同期の増収率から3分の1程度に縮小し、2004年の上場以来で最も低い伸びとなった。

  オンラインゲームやメッセージングを含む付加価値サービス部門の売上高は4.5%増の490億元。オンライン広告収入は25%増の134億元。景気減速などが影響し、従来より増収率が縮小した。

  メッセージアプリ「微信(ウィーチャット)」の月次アクティブユーザー数は3月末時点で11億1200万人と、前年同期比で6.9%増えた。メッセージサービス「QQ」の携帯端末版の利用者は7億40万人だった。

原題:Tencent Profit Tops Estimates, Reassuring Skittish Investors (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE