コンテンツにスキップする

ボーイング737、1-4月受注は171機純減-印航空会社の苦境響く

  • 4月の受注は4機-キャンセルなどを加味しないベース
  • 同月の納入は全体で23機-うちドリームライナーが12機

ボーイング737の1-4月の受注は171機の純減となった。737MAXの主要顧客で資金難に苦しむインド航空会社ジェットエアウェイズの状況を受注記録に反映させた。

  • 4月の受注はキャンセルなどを加味しないベースで4機
  • 運航再開に向け12億ドル(約1300億円)の確保を目指しているジェットエアウェイズは737MAX200機を発注済みだが、運航停止前の納入はなく、ボーイング幹部は先月、受注残からこの注文を取り除く方針を示していた
  • 4月の納入は全体で23機で、墜落事故を受けた運航停止の対象となっていない737の前世代機9機と787ドリームライナー12機を含む
  • ボーイングの株価は14日、1.7%高で引けた。13日は通商問題を巡る米中間の緊張が高まる中で4.9%下げていた
  • 追加情報

原題:Boeing’s 737 Order Book Shrank in April on Jet Airways Woes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE