コンテンツにスキップする

ボーイングの737MAX監督体制、労組が17年に非難していた

  • 同社は自社の監督で過大な権限を与えられていた-報告書
  • MAXは安全性に欠陥があるまま承認されたと労組は主張

ボーイングは自社の監督において過大な権限を与えられていたほか、737MAXには安全上の欠陥があったと、MAXが承認される数カ月前の2017年、航空安全検査官を代表する3労組が厳しい論調の報告書で主張していた。

  報告書によると、ボーイング経営陣や米連邦航空局(FAA)幹部が第一線の現場で働く労働者の意見を受け入れなかったため、737MAXは飛行制御システムが脆弱(ぜいじゃく)な状態で、燃料タンクに欠陥を抱えたまま承認されたという。

  ブルームバーグ・ニュースが入手した今回の報告書は、計346人が死亡した昨年10月以降の2回のMAX墜落事故で関連があったとされる安全機能については懸念を示していない。労組が特定していた問題が事故につながった兆候はない。ボーイングは、MAXがFAAの手続きを「完全に順守」して承認されたとコメントした。

File: Boeing CEO Dennis Muilenburg Apologizes For Lives Lost

ライオンエアのボーイング737MAX8の操縦室

撮影:Dimas Ardian / Bloomberg

  3労組は米航空管制官協会(NATCA)、航空安全専門家組合(PASS)、地方公務員組合連盟(AFSCME)。報告書の一部は先に米紙シアトル・タイムズが引用していた。

原題:Boeing’s Oversight of 737 Max Drew Rebuke of FAA Unions in 2017(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE