コンテンツにスキップする

ウーバーの巻き返し期待する投資家にETFの選択肢-株価下落の後で

  • IPO企業に集中投資するファンド、今週にもウーバー追加を計画
  • 取引開始から急落していたウーバー株、14日には反発

10日上場した配車サービスの米ウーバー・テクノロジーズはさえない滑り出しとなったが、悪い時期を乗り越えたと考える投資家は近く、上場投資信託(ETF)を通じてその見方を示すことができるようになる。

  ルネサンス・キャピタルの発表資料によると、運用資産4000万ドル(約44億円)のルネサンスIPO・ETF(銘柄コード:IPO)は17日付でウーバーを追加する計画だ。通常は予定する四半期ごとの見直しでIPO企業を運用対象に加えることが多いが、時価総額1億ドル以上の企業については取引開始から最短5日で株式を取得する可能性があると、ルネサンス・キャピタルのプリンシパル、キャスリーン・スミス氏は説明した。同ETFは既にリフトを保有している。

  ウーバーの株価は14日に上昇したものの、先週の取引開始から急落。スミス氏は「ウーバーのような銘柄を取引しようとする場合、個別に保有するにはボラティリティーが極めて大きくなり得ることからバスケットで保有する方がはるかに安全だ。投資家が感情に流されることなくエクスポージャーを確保する1つの方法だ」と指摘した。

relates to ウーバーの巻き返し期待する投資家にETFの選択肢-株価下落の後で

原題:Uber’s IPO Flop Is Coming to an ETF Near You After Its 16% Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE