コンテンツにスキップする
Photographer: Stephen Brashear/Getty Images North America

ボーイング、737MAXをテキサス州で保管-運航停止でも生産継続

  • シアトル地域以外でのMAXの保管は初めて
  • 納入は停止されているが工場での生産は継続
SEATTLE, WA - MARCH 22: A Boeing 737 MAX 9 test plane is pictured at Boeing Field on March 22, 2019 in Seattle, Washington. 737 MAX airplanes have been ground by multiple aviation authorities after two two 737 MAX 8 airplanes crashed within five months of each other. (Photo by Stephen Brashear/Getty Images)
Photographer: Stephen Brashear/Getty Images North America

ボーイングは、テキサス州の広大な整備拠点で737MAXの保管を開始した。規制当局によるMAX運航停止の解除を待つ間、同社は引き続き同機の生産を続けている。

  プレーンスポッター(航空機愛好家)のクリス・エドワーズ氏は14日、カリフォルニア州の塗装工場からテキサス州サンアントニオに向かう737MAXのレーダー航跡を探知した。工場で生産されたばかりのMAXがシアトル地域以外で保管されるのは初めてとなる。ボーイングの広報担当ダグ・アルダー氏はエドワーズ氏の報告を認めた。

  「ボーイングのサンアントニオ拠点は在庫管理計画の一環として、航空機を一時的に保管する」とアルダー氏は電子メールで説明。これらの航空機は最終的に「ワシントン州に戻り、そこで顧客に納入される」という。

原題:Boeing Turns to Texas to Store 737 Max Jets as Grounding Lingers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE