コンテンツにスキップする
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

メイ政権、EU離脱協定法7月休会前の成立目指す

更新日時
  • 離脱協定法案に賛成するよう下院議員らを動かせると首相は期待
  • コービン氏は正式合意がない限り法案を支持しないと首相に伝えた
A worker stands on a scaffolding platform near a clock face on the Elizabeth Tower, also known as Big Ben, at the Houses of Parliament in London, U.K., on Thursday, April 4, 2019. Theresa May's government holds intensive talks with Jeremy Corbyn's opposition Labour Party in search of a compromise position on the U.K.’s future ties to the EU.
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

メイ英首相が、欧州連合(EU)離脱の最終決着を目指す期日を提示した。英政府は14日、離脱合意案の代わりとなる「EU離脱協定法案」を6月3日の週に議会に提出すると約束した。

  最大野党・労働党との超党派協議は妥結に至っていないが、与党保守党と労働党は先の地方議会・首長選でいずれも離脱プロセスを巡り有権者の批判を受けており、EU離脱を巡り党が分裂する状況に終止符を打つため、下院議員らが離脱協定法案に賛成すると首相は期待している。

  バークレイEU離脱担当相はBBCに対し、「議会が意思決定を行う時が訪れた。この国は前進しなければならず、経済界は確実さを必要としている」と語った。

U.K. PM May Seeks Support for Brexit Plan as Cross-Party Talks Falter

メイ英首相(5月14日)

写真家:Simon Dawson / Bloomberg

  英政府は離脱協定を国内法として法制化するための離脱協定法案について、7月の議会休会入り前の可決が不可欠との立場を示した。メイ首相は労働党のコービン党首と14日夜に1時間にわたり会談し、自らのプランを示した。EU離脱協定法案は、トランプ米大統領が国賓として英国を訪問する週に議会に提出されることになる。

U.K. Opposition Labour Party Annual Conference

労働党のコービン党首

写真家:Simon Dawson / Bloomberg

  事情に詳しい関係者の1人によれば、コービン党首は正式な合意がない限り党として法案を支持しないと首相に伝えた。労働党の声明によると、コービン氏は「首相交代を求める保守党議員や閣僚らの意見表明を受け、政府の約束の信頼性に疑問を呈した」という。超党派協議は15日も続けられる。

  労働党のルーシー・パウエル氏は「超党派の合意が成立しない場合の結果は『合意なき離脱』となる可能性が最も高い。それが(離脱期限の)10月に向けた規定の法的立場であり、保守党の新たな首相の下でもそれは絶対確実だ」とツイートし、合意形成が望ましいと訴えた。
  
原題:May to Bring Brexit Deal Back to Parliament at Start of June (1)(抜粋)

(トランプ米大統領の訪英などの情報を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE