コンテンツにスキップする

フィデリティ、貸株業務でゴールドマンを外す-自社運営に切り替えへ

米金融サービスのフィデリティ・インベストメンツは、貸株業務の仲介役からゴールドマン・サックス・グループを外す方針を固めた。

  3月29日付の規制当届け出によれば、フィデリティはゴールドマンに仲介を委託している貸株業務を自社で運営する。ゴールドマンがフィデリティから受け取る手数料は、この業務で生じる収入の約10%という。貸株は主に空売り取引に利用される。

原題:Fidelity Drops Goldman by Bringing Securities Lending In-House(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE