コンテンツにスキップする

サウジ、パイプライン操業停止-フーシ派が圧送施設を攻撃

サウジアラビアが国境を越えて運用する主要パイプラインの操業を停止した。併設されているポンプステーション(圧送施設)がドローン(無人機)に攻撃されたためという。隣国イエメンを拠点とするイスラム教シーア派武装組織のフーシ派が攻撃を認めた。フーシ派はイランの支援を受けている。商品市場では今回の攻撃を受けて原油価格が上昇した。

  世界最大の石油輸出企業である国営サウジアラムコによれば、原油および石油製品の供給は「滞りなく正常に」続いている。国営サウジ通信(SPA)がエネルギー省の見解として報じた。

原題:Saudis Halt Oil Pipe on Attack Claimed by Iran-Backed Rebels (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE