コンテンツにスキップする

メイ政権担当者「政治宣言案」修正でブリュッセル入りか-14日に閣議

  • 退陣日時の確定を求める議員委メンバーと首相は今週会合を持つ
  • 首相の後任候補の1人であるハント外相は党首選を意識した演説行う

メイ英首相に対し、欧州連合(EU)離脱の共同案策定に向けた最大野党・労働党との超党派協議を打ち切り、退陣の日時確定を求める圧力がますます強まっている。首相はそのような状況下で、14日に閣議を開催する。

  事情に詳しい関係者の1人によれば、EU離脱を巡る議会の行き詰まり打開を目指す労働党との13日夜の協議は、実質的な進展がないまま散会となった。首相官邸は声明で、メイ政権と労働党の交渉チームが「過去数週間で話し合ったさまざまな問題を再検討した」とした上で、「秩序立ったEU離脱を確実に実現する方法で引き続き合意を目指す」と説明した。

May Faces Parliament With Labour Brexit Talks Stalling

メイ首相

  与党の現職議員で構成する保守党議員委員会(1922年委員会)のメンバーは、メイ首相が退陣のスケジュールをはっきりさせることを望み、今週と首相と会合を持つ。議員らの間では労働党との協議継続に対する反発が強まっており、先に更迭されたウィリアムソン前国防相は英日曜紙メール・オン・サンデーに対し、与党議員の多くが労働党との話し合いを「敵との交渉」と見なしていると述べた。

  メイ首相の後任候補の1人であるハント外相は党首選を意識したと思われるロンドンでの演説で、英国は「きちんとした形」でEUを離脱すべきであり、そうしなければ「民主主義の約束への背信」に当たると訴えた。

  超党派の合意成立の可能性がある場合、EUとの将来の関係の枠組みを描く「政治宣言案」を修正する道を探るため、メイ首相のチームでEU離脱交渉を担当するオリバー・ロビンス氏がブリュッセルに赴くとBBCが13日遅くに伝えた。離脱推進派の非難の矢面に立つ同氏の出張を首相官邸は確認していない。

原題:
May Seeks Support for Brexit Plan as Cross-Party Talks Falter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE