コンテンツにスキップする

武田薬:通期営業損失1930億円予想-シャイアー買収関連費が影響

更新日時

武田薬品工業は14日、アイルランドの製薬大手シャイアー買収の影響を織り込んだ連結決算を発表し、今期(2020年3月期)は1930億円の営業損失になるとの見通しを示した。市場予想は営業利益約2763億円となっていた。シャイアー買収の関連費用が業績を圧迫する。

  売上高に当たる売上収益は、シャイアー買収の影響で前の期比57%増の3兆3000億円を見込むが、純損益は3830億円の赤字を予想している。武田は1月8日に620億ドル(現在のレートで約6兆8000億円)規模のシャイアー買収を完了。前期(19年3月期)に買収関連費用1263億円などを計上したが、今期も同2410億円、棚卸資産の価値調整費用として2530億円、無形資産の償却費として4390億円をそれぞれ予想している。

  武田が14日発表した資料によると、買収によるコスト面のシナジー目標を21年度までに14億ドルから約20億ドルに引き上げるほか、中期的に業界トップクラスの利益率の実現を目指す。年間配当は180円を目標とする。武田は今月9日にドライアイ治療薬「シードラ」をノバルティスに、手術用パッチ剤「タコシール」をエチコンにそれぞれ譲渡したと発表したが、今期以降も中核事業以外の資産売却を進める。

  同時に発表した前期の営業利益は前の期比15%減の2050億円、売上収益は同19%増の2兆972億円だった。

(情報を追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE