コンテンツにスキップする

トランプ米大統領が中国に警告、報復すれば対立「悪化する」

  • 中国が米国と合意しなければ、中国はひどい打撃を受けるだろう
  • 合意に対して「中国が姿勢を後退させた」と重ねて非難

トランプ米大統領は13日、中国製品に米国が課す関税に対して中国が報復措置を取れば、貿易を巡る両国の対立は「悪化する」と警告した。

  大統領はツイッターで「中国が米国と合意しなければ、企業は中国を離れて他の国に移らざるをえないため、中国はひどい打撃を受けるだろう」と発言。「素晴らしい合意がほとんど出来上がっていたのに中国が姿勢を後退させた」と重ねて非難した。

  米中の高官レベル協議は10日に合意なく終わり、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は週末に、関税戦争の経済的影響はそれほど大きくないとの見方を示したものの、貿易戦争からは「双方が打撃を受ける」と認めていた。

  米当局は13日に、25%の対中追加関税の対象を中国からの全輸入品に広げる計画の詳細を発表する見込み。中国は報復措置を取ると表明している。

  中国共産党機関紙、人民日報は13日第一面に掲載した社説で、米国が前言を翻し対中関税を引き上げたことから、米中貿易協議が不調に終わった責任は米国が全て負うべきだと論じた。

  トランプ大統領はツイートで、中国製品に対する関税を米消費者が支払う理由はないと指摘。関税のない国の製品や米製品を買えば「関税はゼロだ」と主張した。関税がかかる製品を中国で製造している企業の多くは「中国を離れてベトナムやその他のアジア諸国に行くだろう。中国が米国との合意をどうしても望むのはこのためだ」と説明した。

原題:Trump Warns China Impasse to Worsen If Xi Retaliates on Tariffs(抜粋)
Trump Warns China Not to Retaliate on Tariffs (1)
Trump Warns China Impasse to Worsen If Xi Retaliates on Tariffs

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE