コンテンツにスキップする

英国、「偶発的」な合意なきEU離脱リスクも-英経営者協会

  • 企業は準備ができておらず「幾分の油断がある」-モーガン氏
  • 保守党党首交代や再延期へのフランスの反対の可能性など指摘

英国の企業と政治家は合意なき欧州連合(EU)離脱の可能性を過小評価していると、英経営者協会(IoD)の暫定会長を務めるエドウィン・モーガン氏が述べた。

  同氏はインタビューで、「合意なき離脱が偶発的に生じるリスクがあるが、企業は準備ができていない」と語った。「幾分の油断がある」と指摘した。

  英国は離脱を10月31日に延期することで、この春の合意なき離脱を回避した。メイ首相は離脱協定を手直しし議会で承認を得ることを目指しているが、合意なき離脱を支持する保守党メンバーがメイ首相に取って代わるかもしれない。また、10月31日からさらに離脱を延期することは、フランスのマクロン大統領によって拒否される可能性があるとモーガン氏は述べた。

  同氏によれば、総選挙や2回目の国民投票の余波で離脱に至ることも考えられる。総選挙の場合、合意なき離脱を支持する「ブレグジット党」が躍進する恐れもある。世論調査では同党への支持率が34%に上っている。

What Comes After Cross-Party Brexit Talks

原題:No-Deal Brexit Risk Bigger Than Firms Think, Business Chief Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE