コンテンツにスキップする

モルガン・スタンレーの富裕層顧客、ウーバー株で損失抱える

  • 1株当たり48.77ドルでウーバーに投資する機会を提供
  • 上場初日の10日は7%余り下落し41.57ドルで終了

モルガン・スタンレーの投資銀行部門のバンカーたちは配車アプリのウーバー・テクノロジーズの新規株式公開(IPO)で巨額の手数料を稼いだが、同社の富裕層顧客は損失を抱えた。

  モルガン・スタンレーは2016年に私募形式でのウーバーの資金調達を手掛けた際、同社に投資する機会を富裕層顧客に提供した。10日に上場したウーバー株は公開価格から7%余り下落し41.57ドルで終了した。

  ブルームバーグが閲覧した文書によると、モルガン・スタンレーはニュー・ライダーズというファンドを通じて、ウェルスマネジメント顧客にウーバーへの投資機会を提供した。その時の価格は1株当たり48.77ドルだったという。顧客の持ち分はIPO後、A株に転換することができる。文書によると、モルガン・スタンレーの従業員も同様の条件で投資する機会を得た。

  最低投資額は25万ドル(約2740万円)だった。モルガン・スタンレーによると、顧客はファンドにコミットした額の最大2%を請求される可能性がある。

  モルガン・スタンレーの広報担当者はこの記事についてコメントを控えた。

Trading On The Floor Of NYSE As Uber Releases IPO

ニューヨーク証券取引所のウーバー経営陣(10日)

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

原題:Morgan Stanley Got Rich Clients Into Uber. Then the IPO Stumbled(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE