コンテンツにスキップする

「アベンジャーズ/エンドゲーム」が3週連続首位-週末の北米映画

  • 3日間の北米興収は推計6310万ドル、予想下回る-コムスコア
  • 2位はワーナー・ブラザーズの新作「名探偵ピカチュウ」

週末の北米映画興行収入ランキングで、米ウォルト・ディズニーの「アベンジャーズ/エンドゲーム」が3週連続で首位となった。世界興収で歴代1位の「アバター」(2009年公開)超えにまた一歩近づいた。

null

「アベンジャーズ/エンドゲーム」

ソース:マーベルスタジオ2019
  • 調査会社コムスコアが電子メールで12日送付した資料によれば、アベンジャーズの北米興行収入は推計6310万ドル(約69億2000万円)
    • アナリストは3日間の興収を7070万ドル前後と予想していた
    • アバターの記録を抜くには世界興収27億9000万ドル超えが必要
  • 米AT&T傘下ワーナー・ブラザーズの新作「名探偵ピカチュウ」は5800万ドルで2位
Top 10 Films
  • アン・ハサウェイとレベル・ウィルソン共演のコメディー映画「ザ・ハッスル」は1350万ドルで初登場3位。アナリスト予想の1500万ドルには届かなかった
  • Top 10 Film Grosses
    All Films Year To Date

原題:‘Endgame’ Holds No. 1 Spot Again in Its March Toward Record(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE