コンテンツにスキップする

3月の景気動向指数、基調判断は「悪化」に-6年2カ月ぶり

更新日時
  • 「悪化」判断は景気後退期間と重なっているところがある-内閣府
  • 政府は「緩やかに回復している」の表現を多少変更も-農林中金総研

内閣府は13日に発表した3月の景気動向指数で、一致指数の基調判断を景気後退の可能性が高いことを示す「悪化」に引き下げた。この表現が使われたのは2013年1月分の統計以来、6年2カ月ぶり。

  従来は景気後退に入った可能性を示唆する「下方への局面変化」だった。一致指数の基調判断は、当月の前月比がマイナスかつ3カ月後方移動平均が原則として3カ月以上連続でマイナスという条件を同時に満たした場合に機械的に引き下げられる。

  景気動向指数(CI、15年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.9ポイント低下の99.6と2カ月ぶりに低下した。水準としては16年9月以来2年6カ月ぶりの低さ。一致指数を構成する9指標で、速報値からデータが利用可能な7指標のうち5指標がマイナスに寄与した。生産や出荷など4つの指標に関連する鉱工業指数が中国経済の減速などを受けて3月に低下したことが響いた。先行指数は0.8ポイント低下の96.3と2カ月ぶりに低下した。

3月の景気動向指数の概要はこちらをご覧下さい

景気動向指数の推移

   
  基調判断が「悪化」に引き下げられたことで、10月に予定される消費税率の引き上げに絡み、政府の景気判断に対する関心が改めて高まりそうだ。政府は4月の月例経済報告で、景気は「緩やかに回復している」との総括判断を据え置いている。政府と景気動向指数の景気判断は必ずしも一致しない。
             
  もっとも、景気動向指数の基調判断が機械的に算出され始めた08年4月以降で「悪化」に転じた08年6月と12年10月当時の政府の景気判断は「一部に弱い動き」や「弱めの動き」と、いずれも景気後退局面を示唆する判断となっている。

  菅義偉官房長官は13日夕の記者会見で、景気が後退局面に入った可能性について問われ、「中国経済の減速などから一部の業種で輸出や生産が鈍化しているが、雇用や所得など内需を支えるファンダメンタルズはしっかりしていると考えている」と述べた。               
        

詳細

  • 08年の統計開始以来、悪化は08年6月-09年4月(11カ月間)と12年10月-13年1月(4カ月間)の2期間。景気後退期間と重なっているところがある-内閣府担当者
  • この結果をもって今の景気判断をすることはできず、長期的なデータを見る必要がある。景気動向指数研究会の議論を踏まえて決定する-内閣府
  • 過去2回の悪化の時期を見ると、生産活動は持続的かつ大きく低下している。今の方が雇用情勢などは明らかにレベルは高いのではないか-内閣府
  • 一致指数のマイナスに寄与した投資財出荷指数は資本財と建設材に分かれるが、下方寄与が大きいのは資本財。半導体製造装置やフラットパネルディスプレー装置のアジア向け-内閣府

エコノミストの見方

農林中金総合研究所の南武志主席研究員:

  • 政府の景気判断については、「緩やかに回復している」という表現自体は多少変える可能性がある
  • 今のところ消費税増税をやる気でいるから、悪い表現は入れずらい。回復を残した上で工夫が必要だろう
  • 消費増税はいつかやるとしても今回は上げるタイミングではない。ただ、3回目の見送りになると、本当にやる気があるのかと取られかねず、財政健全化への国際社会の信認が揺らぐ可能性もあり得る
  • 景気が低調な中で消費増税した場合、日銀は何らかの対応をその数カ月後に求められる可能性がある
  • 20カ国・地域(G20)の年後半景気回復シナリオは少し難しいのではないか。先週くらいから雰囲気が変わってきている。米中貿易摩擦が想定の範囲内で収まって小康状態になることが前提条件だったが、何が起こるのか分からない状況

第一生命経済研究所の新家義貴主席エコノミスト:(リポート)

  • 景気は既に18 年中に後退局面入りしていたのではないか、実は「戦後最長景気」は実現していなかったのではないかという議論がさらに盛り上がりそうだ
  • 最終的な景気判定については、14年4月から16 年2月の期間が景気後退と判定されなかったことを考えると、今回どうなるかはまだ明確ではない
  • 過去においてCIは景気循環と非常に連動性が高く、山谷のタイミングもおおむね一致することが多かったことも事実。政府としても完全に無視することは難しいと思われる
  • 1-3月期のGDPの結果にもよるが、4月の月例経済報告で示した景気判断からは、何らかの修正が避けられないだろう
(菅官房長官の会見内容とエコノミストコメントを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE