コンテンツにスキップする

鴻海の郭会長が退任の意向、来月の年次総会で新取締役選出後に

フォックスコン・テクノロジー・グループの郭台銘(テリー・ゴウ)会長は11日、来月の年次株主総会で新たな取締役会メンバーが選出された後に退任する意向を明らかにした。

  郭氏は辞意について、「100%確実だ」と発言。 「私はもはや経営に携わっていない」と述べた。

Foxconn Chairman Terry Gou Said Company Could Move Some Manufacturing Facilities To U.S.

郭台銘(テリー・ゴウ)会長

写真家:Billy HC Kwok / Bloomberg

  鴻海精密工業としても知られる同社は中国本土で最大の民間雇用主であり、「iPhone(アイフォーン)」の主要な受託生産業者。資産家の郭氏は4月に、来年の台湾総統選への出馬を目指すと表明している。

  同社の新たな取締役候補には、シャープの戴正呉会長兼最高経営責任者(CEO)やフォックスコン・インダストリアル・インターネット(富士康工業互聯網、FII)の李傑副会長らが挙がっている。

原題:Foxconn’s Gou Says He Won’t Continue as Chairman on New Board(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE