コンテンツにスキップする

トランプ大統領:中国は「今、行動する」ことが賢明-ツイート

  • 自身が再選されれば「はるかに悪い」条件を提案と警告
  • ワシントンでの米中貿易協議は合意に至らずに終わった

トランプ米大統領は11日夕のツイッターへの投稿で、米国との貿易協議を決着させるために中国は「今、行動する」ことが賢明だろうと述べるとともに、自身が2020年の次回大統領選挙で再選されれば、中国にとって「はるかに悪い」条件が提案されることになるだろうと警告した。

  大統領は「最近の交渉で中国は手ひどく打ちのめされたので、次の選挙まで待った方が良さそうだと感じていると思う」と指摘。その上で「だが唯一の問題は私が勝利するであろうことを彼らが知っていることだ」とコメントした。

  米中両国は9日と10日にワシントンで協議したが、合意には至らなかった。中国の劉鶴副首相は交渉後に中国メディアとのインタビューに応じ、合意に達するためには米国は全ての追加関税を撤廃するほか、実需に見合った中国の輸入規模の目標を設定し、両国の「尊厳」を保証するため合意文書を「バランスの取れた」ものにする必要があると述べた。

Vice Premier Liu He Leads Chinese Trade Delegation In Washington

劉副首相(5月10日)

撮影:Alex Edelman / Bloomberg

  ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は、米政権は13日に中国からの輸入品3000億ドル(約33兆円)相当を対象にしたさらなる追加関税計画の詳細を公表すると語った。

原題:Trump Warns China to Act on U.S. Trade Deal or Face Worse Terms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE