コンテンツにスキップする

米中、追加関税の全面撤廃など3点で対立-新華社

中国国営の新華社通信は11日の論評で、ワシントンで10日まで開かれた米中通商協議では追加関税の全てを撤廃すべきかどうかを含む3点で意見が対立していると報じた。

  • 両国はまた、中国側の輸入規模についても見解が一致していない。新華社は「実需に合致した」規模とすべきだと伝えた
  • 合意文書の「バランス」についても見解が不一致と新華社

  「話し合いながら闘う」が米国との交渉における新たな標準となる公算が大きく、中国は忍耐強く、そしてあらゆるリスクへの対処を準備すると同論評は指摘。「平等」が最終合意の基本的な保証となるだろうとの見方を示した。

原題:China, U.S. Split on Tariff Removal, Purchase Amount: Xinhua(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE