コンテンツにスキップする

米下院委、財務長官に召喚状-トランプ氏の納税申告書の提出求め

更新日時
  • 下院歳入委員会、財務長官と内国歳入庁長官に召喚状
  • ムニューシン財務長官は今月、申告書の提出を拒否していた

米下院歳入委員会のニール委員長(民主)は10日、ムニューシン財務長官と内国歳入庁(IRS)のレティグ長官に対し、トランプ大統領の過去6年分の納税申告書の提出を求める召喚状を出した。

  同委員会は4月にトランプ氏の個人および事業に関する納税申告書の提出を求めたが、ムニューシン財務長官は今月6日、正当な法的目的を欠くとして拒否した。召喚状は今月17日を提出期限に設定している。

  米国では約40年前から、大統領選の候補者らは納税申告書を公表するのが慣例となってきたが、トランプ氏は公表を拒否。このため民主党内にトランプ氏の納税に不正があるのではないかとの憶測が生じた。

  ムニューシン長官は召喚状に対するコメント要請に今のところ応じていない。IRSと財務省は召喚状を受け取ったことを認めた。

原題:House Committee Issues Subpoena to Mnuchin for Trump’s Taxes(抜粋)

(第2段落以降を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE