コンテンツにスキップする

群がるヘッジファンド、仏BNPの部門閉鎖でベテラン人材の争奪戦

フランスの銀行BNPパリバが1月に自己勘定取引部門のオペラ・トレーディング・キャピタルを閉鎖したことを受け、世界の大手ヘッジファンドの間で人材獲得の動きが活発になっている。

  シタデルはオペラで金利責任者を務めていたマテュー・ガボー氏を採用。シニア為替トレーダーだったパオロ・ニコロシ氏は、ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントに移籍。このほかキャップストーン・インベストメント・アドバイザーズや、キャプラ・インベストメント・マネジメント、アイスラー・キャピタル、H2Oアセット・マネジメントもオペラから人材を獲得した。

  相場の変動性が低く、中央銀行のハト派姿勢が広がる中、ヘッジファンドは利益を上げるのに苦労しており、経験豊富な資産運用者の採用とつなぎ止めに力を入れている。オペラ閉鎖は業界にとってはまたとない機会だと、ヘッドハンターらは指摘する。

  金融サービス業界関連の人材紹介会社、シャドーハウンドを経営するキャニス・ホーガン氏は「オペラ閉鎖のような出来事が起きると、突如として多くの人材が吐き出される」とした上で、「実績のある優れたトレーダーに対しては、ヘッジファンドからの需要が絶えない」と述べた。

原題:Hedge Funds Raid BNP’s Shuttered Prop Desk Amid Talent Race (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE