コンテンツにスキップする

トランプ米大統領:中国との貿易交渉、「慌てる必要はない」

  • 中国製品の残り3250億ドル相当にも追加関税を課す準備始まった
  • 貿易交渉は「引き続き極めてうまく進んでいる」

トランプ米大統領は中国製品に対して新たな追加関税を導入してから一夜明け、中国との貿易交渉は「引き続き極めてうまく進んでいる。慌てる必要は全くない」との認識を示した。

  トランプ氏は10日朝にツイートを連発し、今回の追加関税の対象外とされた3250億ドル(約35兆7000億円)相当の中国製品についても、25%の追加関税を課す準備が始まったと指摘。この関税で支払われる資金で米国の農家から農産物を買い取り、他国の食糧支援に充てると主張した。一部の中国製品については追加関税を免除するか、代替源を探すとしたものの、詳細には触れていない。

  「一方でわれわれは中国が再び合意をほごにしようとしないことを願いつつ、交渉を継続する」とも述べた。

  米国の追加関税に対し、中国は報復せざるを得ないと表明しているものの、具体的な方策や時期はこれまで明らかにしていない。

原題:Trump Says ‘No Need to Rush’ in China Talks After Tariffs Hit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE