コンテンツにスキップする

英1-3月GDP、0.5%増に加速-EU離脱期限前の駆け込み需要で

英国の1-3月(第1四半期)国内総生産(GDP)は前期比0.5%増と前四半期の0.2%増から成長が加速した。国家統計局(ONS)が10日発表した。欧州連合(EU)離脱期限を前にした在庫積み増しと個人消費が寄与した。ただ、3月の不調は今後の減速を示唆する。

  第1四半期は製造業の生産が1988年以来の大幅な伸び。EU離脱の当初の期限だった3月29日を前に在庫を膨らませ、顧客の注文に応えようと生産を増やした。個人消費は0.7%増。家計がEU離脱に備え買いだめに走った可能性が示唆される。政府支出も増加しており、各省庁も離脱に向けて調達に動いたもようだ。

  在庫の増加は第1四半期のGDP成長率を0.7ポイント押し上げ、純輸出の記録的なマイナスを一部相殺した。

  3月のGDPは前月比で0.1%減。建設とサービスが縮小した。

Brexit stockpiling and consumer spending spurred the economy in the first quarter

原題:Stockpiling Boosts U.K. Economy But Slowdown Appears Under Way(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE