コンテンツにスキップする

中国の経常黒字、1-3月も拡大-17年終盤以来の高水準

  • 経常黒字は586億ドル-第1次所得収支の黒字が過去最大
  • 対GDP比は縮小傾向、今年は0.1%にとどまる見通し

中国の経常黒字は1-3月(第1四半期)も拡大した。第1次所得収支の黒字が過去最大に膨らんだことが寄与し、2017年10-12月(第4四半期)以来の高水準となった。

  • 国家外為管理局(SAFE)が10日発表した1-3月の経常黒字は586億ドル(約6兆4300億円)。18年10-12月(第4四半期)は546億ドルの黒字だった
  • 主に海外への投資収益を反映する第1次所得収支の黒字が過去最大を記録した
  • 中国が製造業から消費主導の経済に軸足を移す中、経常黒字の対国内総生産(GDP)比は縮小。ブルームバーグの調査によれば、今年は同0.1%にとどまる見通し

Record Income Surplus

Compensates for drop in China's goods trade

Source: State Administration for Foreign Exchange

原題:China’s Current Account Surplus Rises to Highest Since Late 2017(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE