コンテンツにスキップする

米が対中追加関税率を25%に引き上げ、22兆円相当が対象

  • 劉鶴副首相、USTR代表や米財務長官との9日の協議終える
  • ワシントンの米中通商協議、10日に再開の見込み
Trucks drive past shipping containers stacked at the Port of Houston.

Trucks drive past shipping containers stacked at the Port of Houston.

Photographer: Loren Elliott/Bloomberg
Trucks drive past shipping containers stacked at the Port of Houston.
Photographer: Loren Elliott/Bloomberg

トランプ米政権は米東部時間10日午前0時1分(日本時間同午後1時1分)、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当への追加関税率を従来の10%から25%に引き上げた。金融市場の混乱を招いて世界経済の成長に影を落としてきた米中摩擦が一段と深刻化しそうだ。

  • 9日から劉鶴副首相率いる中国代表団と、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表、ムニューシン財務長官ら米国側との通商協議がワシントンで始まった
  • 協議は10日に再開される見込み

原題:U.S. Raises Tariffs to 25% on About $200b of Chinese Goods(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE