コンテンツにスキップする

米中の通商協議が終了-合意に至らずも決裂は回避、交渉継続へ

更新日時
  • 「話し合いは今後も続く」とトランプ大統領がツイート
  • 1カ月内に合意不成立なら残る輸入品にも追加関税か

米国と中国がワシントンで開いていた閣僚級通商協議が10日、終了した。合意には至らなかったが、交渉決裂の事態も回避された。米政権は同日、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に対する関税率を25%に引き上げた。同協議は世界の金融市場が注目していたが、双方が話し合いはかなりうまくいったとの感触を示したことから米国株はプラスに転じた。

  トランプ米大統領は同日、ツイッターへの投稿で、協議は「率直かつ建設的」だったとした上で「中国の習近平国家主席と私自身の関係は引き続き非常に力強い。話し合いは今後も続く」とコメントした。ただ事情に詳しい関係者によると、今後の協議は可能だが次回協議の予定は今のところないという。トランプ氏は別のツイートで「慌てる必要は全くない」との認識を示した。

  また中国の劉鶴副首相も、米国との協議は「かなり順調」だったと記者団に語った。

  複数の関係者によると、劉鶴副首相との10日の会談で米当局者らは、今後3-4週間のうちに合意に達しなければ今回の追加関税の対象外とされた3250億ドル相当の中国製品に対しても25%の関税を課すとする米側の結論を提示した。これは、今回の協議で意味ある譲歩を見せなかった中国への対応だったと関係者は語った。

  今回の追加関税は中国からの輸入に頼る小売業者などの米企業に対し、短期的に相当な影響を与える公算が大きい。しかし、全ての輸入品に対しても同様の追加関税が賦課される事態となれば、トランプ大統領や米産業界にとって政治的および経済的なリスクはさらに高まることになるとみられる。

  こうしたリスクは、両国が最終的には合意に達すると一部の専門家が確信する一つの要因となっている。

  最近まで米政権当局者として対中協議に関わり、現在は法律事務所アキン・ガンプのパートナーであるクリート・ウィレムス氏は「この4-5カ月の間に多くの進展があった。それを放棄すべきではない」と話した。

  これに対しオバマ前政権時代の中国専門家、イーライ・ラトナー氏は、これから両国が合意に到達するには経済の低迷といった外的要因が妥協を強いない限り一層難しくなる可能性が高いと指摘。「中国が交渉の席に戻り、トランプ大統領が受け入れられるほどの提案をできるかどうか。それが問題だ」と語った。

Vice Premier Liu He Leads Chinese Trade Delegation In Washington

協議終了後、米国のライトハイザーUSTR代表とムニューシン財務長官に話し掛ける中国の劉鶴副首相(左、10日)

Photographer: Alex Edelman/Bloomberg

原題:U.S. Gives China a Month for Trade Deal as Talks Stay Deadlocked(抜粋)
China’s Liu Says Trade Talks With U.S. Went ‘Fairly Well’

(新たな情報を加えて更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE