コンテンツにスキップする
Photographer: NG HAN GUAN/AFP

米中閣僚級貿易協議、初日終了-関税引き上げの時迫る

更新日時
  • ワーキングディナーは終了、劉鶴副首相はコメントせず
  • 予定通り対中関税引き上げなら世界経済にも深刻な影響か
A Chinese woman adjusts a Chinese flag near US flags before the start of a Strategic Dialogue expanded meeting between China and the US during the US-China Strategic and Economic Dialogue held at the Diaoyutai State Guesthouse in Beijing on July 10, 2014. The US and China discussed trade and business concerns on July 10 -- with currencies and property rights among the thorny issues on the agenda -- as the world's two biggest economies held wide-ranging annual talks. AFP PHOTO / POOL (Photo credit should read NG HAN GUAN/AFP/Getty Images)
Photographer: NG HAN GUAN/AFP

2日間にわたる米中貿易協議が9日、ワシントンで始まった。ただトランプ米政権は10日午前0時1分(日本時間同午後1時1分)に対中関税率を引き上げる予定であり、そうなれば金融市場の混乱を招いて世界経済の成長を脅かしてきた米中貿易戦争が一段と深刻化しかねない。

  劉鶴副首相ら中国代表団は米通商代表部(USTR)本部でライトハイザーUSTR代表やムニューシン財務長官らと約1時間半協議した。その後、3人はメトロポリタン・クラブでワーキングディナーを共にした。午後8時40分(日本時間10日午前9時40分)ごろ、劉副首相はにこやかにレストランを後にしたが、協議がどうだったかとの質問には答えなかった。協議は10日に再開される予定。

Vice Premier Liu He Leads Chinese Trade Delegation In Washington

米通商代表部に到着した劉鶴副首相(5月9日)

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  劉副首相は中国国営メディアに対し、自分は「誠意を持って」ワシントンを訪れるとした上で、米国の10日の関税引き上げは解決策でなく、両国にとって痛みを伴うと語っていた。
  トランプ大統領はこの日これより先に、通商協議で中国との週内の合意はなお可能と発言。ただ、10日に対中関税を引き上げる計画を重ねて示した。また、中国の習近平国家主席と電話会談する可能性があると、ワシントンのイベントで語った。

  トランプ大統領は、習主席は「素晴らしい書簡をしたため、私はそれを受け取ったところだ。恐らく電話で話すつもりだが、われわれには2つの素晴らしい代替案がある。米国は非常にうまくやっている」と発言。合意に至らない場合の「われわれの代替案は素晴らしい。私は以前からこれについて話してきた」と話した。
  
  9日の米株式市場でS&P500種株価指数は4日続落と、今年最長の下げ局面となった。

  米国は10日午前0時1分に中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に対する関税率を10%から25%に引き上げる計画。エコノミストや企業は、トランプ政権が実施してきた関税政策の中で今回が最も経済に深刻な影響を与える恐れがあると指摘する。トランプ大統領は9日、これまで追加関税の対象外だった中国製品3250億ドル相当にも25%の関税を課す計画をあらためて示し、政権はそのための事務作業を開始したと述べた。

  オックスフォード・エコノミクスの米国担当チーフエコノミスト、グレゴリー・ダコ氏は9日のリポートで、米中間の貿易全てに関税を課した場合、世界の国内総生産(GDP)は2020年までに0.5%押し下げられるとの見通しを示し、「二国間の摩擦が世界的な貿易戦争に発展すれば、世界的リセッション(景気後退)を引き起こすとわれわれは予想する」と分析した。

U.S. President Donald Trump Holds Press Conference On Healthcare Pricing

ホワイトハウスで演説するトランプ大統領(5月9日)

Photographer: Joshua Roberts/Bloomberg

  しかし通商協議に臨む双方の立場は硬化しているようだ。事情に詳しい関係者らによると、ライトハイザー代表は米議員らに、週内合意の可能性は低いと電話で伝えたという。

原題:Tariff Clock Is Ticking as Crucial U.S.-China Talks Wrap for Day(抜粋)

(ワーキングディナー終了などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE