コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数、上げ消す-対中関税引き上げ控え

更新日時

9日のニューヨーク外国為替市場で、ドル指数は小幅安。日中の高値から下げ、主要10通貨に対して全般に軟調となった。米中貿易協議を前に、ドルのロングポジションが一部巻き戻されたほか、米国株と米国債利回りも下げた。

  • ニューヨーク時間午後4時49分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%安。一時は0.2%上昇する場面もあった。米中の貿易交渉では、劉鶴副首相ら中国代表団が米東部時間9日午後にワシントン入りした。関税引き上げの期限は10日午前0時1分(日本時間同午後1時1分)
  • 中国紙グローバル・タイムズ(環球時報)の編集長は、10日までに米国と貿易合意に至る確率は「ゼロ」だとする中国側関係者の話を伝えた
  • 株式市場での取引開始後、ユーロのボラティリティーが高まる中でドルは急落。ユーロはポンドとドルに対して約1週間ぶりの高値となった。メキシコ・ペソに対する大規模なユーロのショートポジションでストップが発動したとの臆測が広がった
  • トランプ米大統領は、中国の習近平国家主席から「素晴らしい書簡」を受け取ったとし、習主席と恐らく電話で会談することになると述べた  
  • 北朝鮮は2発の短距離ミサイルを発射したもようだと、韓国軍合同参謀本部が発表。米司法省は、北朝鮮からの石炭輸出ならびに同国への重機械輸入に利用された疑いのある船舶1隻を差し押さえたことを明らかにした
  • ドルは対ユーロで0.2%安の1ユーロ=1.1212ドル。対円では0.3%安の1ドル=109円78銭
    • ドルが対円で下落したのは、4月初旬以降にドルのロングが積み上がっていたことも一因。一方、米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、投機的な円ショートも膨らんでいる
Risk off spilled into the greenback to the benefit of franc and yen

欧州時間の取引

  円が対ドルで5営業日続伸。円のボラティリティーを示す指標(1週間)は4カ月ぶり高水準となった。貿易摩擦や地政学リスクの高まりが背景。

原題:Dollar Slips From Day’s High Before Tariff Deadline: Inside G-10(抜粋)
Yen Volatility Rallies as Risk Sentiment Sours: Inside G-10

(相場を更新し、新たな情報を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE