コンテンツにスキップする

ファースト・データ株が下落、BofAが合弁を解消の恐れと米紙

米電子決済サービス会社ファースト・データが9日の米市場で一時5.9%下落、取引時間中としては1月以来の大幅安となった。全社売り上げの1割余りに寄与しているバンク・オブ・アメリカ(BofA)との合弁が閉鎖になるとの懸念が広がった。

  BofAはファースト・データとの決済事業契約の解消を検討していると、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は事情に詳しい複数の関係者の話として9日報じた。10年続いたこの合弁を解消すれば、BofAには自前の振替事業を創設するという選択肢ができる。

  電子商取引システムを提供するファイサーブは今年、ファースト・データを220億ドル(約2兆4100億円)で買収することに合意。ファースト・データは主力事業の一環として、BofA、ウェルズ・ファーゴ、PNCファイナンシャル・サービシズ・グループの3行との間で大規模な合弁事業を営んでいる。

  この合弁はファースト・データの売上高の10-12%を占めると、WSJはサンフォード・C・バーンスタインのアナリストを引用して報じた。

  BofAはコメントを控えた。ファースト・データにコメントを求めたが、返答はない。

原題:First Data Tumbles on Threat BofA Will Abandon Joint Venture (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE