コンテンツにスキップする

米10年国債入札、需要が10年ぶりの弱さ-ダイモン氏の言う通りか

  • 270億ドルの10年債入札で応札倍率は2.17倍-09年以来の低水準
  • 現在の利回り水準は「異常に低い」とダイモン氏

8日の米国債入札で、10年債の需要は10年ぶりの弱さだった。現在の利回り水準が一部の投資家にとっては受け入れ難いほど低いことを示している。

  270億ドル(約2兆9700億円)の10年債入札で応札倍率は2.17倍と、2009年以来の低水準にとどまった。米政府が資金調達に失敗するリスクはないものの、需要動向の変化はボラティリティー急上昇の影響を増幅させ得る。

Treasuries supply climbs, but foreign appetites are fading

  米国債残高で、中国と日本を中心とする外国勢の保有割合は低下。米連邦準備制度も保有圧縮を続ける中で、米国内に本拠を置く投資家の役割が高まるが、10年債利回りは3カ月物をわずかに上回るにすぎない。

  JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は8日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、現在の利回り水準は「異常に低い」と語った。アジア時間9日の米10年債利回りは2.46%前後。

  貿易摩擦で米中間の緊張が高まる中、中国の投資家が応札を控える可能性が取り沙汰されていたが、それを示す明確な兆候はなかった。

ダイモン氏が米国債利回りや米金融政策について語る

(Source: Bloomberg)
Key Interviews at the JPMorgan Global China Summit

ジェイミー・ダイモンCEO

Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg
Bid-to-cover weakest since 2009

原題:Weakest U.S. Bond Auction in Decade Validates Dimon’s Warning(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE