コンテンツにスキップする

ウニクレディト、1-3月純利益が予想上回る-コスト削減奏功

  • 営業費用が4.2%減少-不良債権引当金も減らした
  • 純利益は約25%増の13億9000万ユーロ

イタリア最大の銀行ウニクレディトのジャンピエール・ムスティエ最高経営責任者(CEO)は、回復から成長へと戦略を切り替える準備として、コスト削減を進めた。不良債権処理も進展した。

  9日の決算発表によると、1-3月(第1四半期)の営業費用は前年同期比で4.2%減少。不良債権引当金も減らした。これが寄与し、低金利と国内経済低迷が収入を圧迫する中でも予想を上回る純利益を確保した。

  1-3月期の純利益は前年同期比で約25%増の13億9000万ユーロ(約1710億円)。不動産売却益と引当金の戻し入れが寄与した。調整後利益は1.5%増の11億ユーロ。総収入は3%減った。

Jean-Pierre Mustier

ジャンピエール・ムスティエCEO

写真家:Krisztian Bocsi / Bloomberg

原題:UniCredit Accelerates Cleanup as Mustier Prepares for Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE