コンテンツにスキップする

仏カルフールが中国撤退も、独メトロは持ち分過半を売却へ-関係者

  • カルフールは1100億円程度で売却を図る可能性と関係者
  • カルフールは1995年に中国1号店を北京にオープン

大型スーパーマーケットを展開するフランスのカルフールは中国事業について撤退を含めた選択肢を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  カルフールはアドバイザーを起用し、買い手候補に接触し始めている。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。中国事業を10億ドル(約1100億円)程度で売却を図る可能性があるものの、一部の株式売却にとどめるか、売却しないことを選択することもあり得ると関係者は説明した。

  カルフールの広報担当者は中国部門の売却は「俎上(そじょう)に載っていない」と述べた。カルフールのウェブサイトによれば、同社は1995年に中国1号店を北京にオープンしている。

  事情に詳しい関係者は先週、ドイツの小売会社メトロが中国事業の持ち分過半の売却を進めていると話していた。同社はブルームバーグの取材に対し、「多数の潜在的パートナーとの対話の正式なプロセスに着手した」と電子メールでコメントした。メトロの中国事業は15億ドル規模。

原題:Carrefour Is Said to Weigh Options for China Including Sale (1)、Metro Said to Shortlist Veggie Startup, Wumart in China Bidding(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE